セキュリティソフトでの対策も重要ですが、メールソフト側で出来る設定もあります。メールソフト別に設定方法をお伝えします。
ここでは、Microsoft製品に関するメールソフトの設定方法のみのご紹介となります。Thunderbird等のサードパーティをお使いの方は恐れ入りますが、該当ソフトウェアにてご検索ください。

1. Windows LIVE メール
2. Outlook 2007 / 2010

Windows LIVEメールの場合

LIVEメールのセキュリティ対策
セキュリティに関する設定はオプションウィンドウで行います。 セキュリティに関する設定はホームタブの左にあるタブ(Windows Live メール)→[オプション]→[メール]をクリックすることにより開くことができます。
LIVEメールのセキュリティ対策
メールに太字や赤文字などの装飾ができるHTML形式のメールですが、HTML形式のメールには、プログラムを埋め込むことができますこのプログラムを悪用すると、メールを開くだけでウイルスに感染することがあります。 そのためHTMLメールであってもテキスト形式で表示した方が安全です。 テキスト形式で表示するときはプログラムを無視しますので、見ただけで感染することはありません。

【読み取り】タブの【メッセージはすべてテキスト形式で読み取る】にチェックを付けておくと、 HTMLメールであってもテキスト形式で表示されます。 ※初期値ではチェックが入っていませんので、必ず変更をしてください。
LIVEメールのセキュリティ対策
先方にメールを送るときもテキスト形式で送りましょう。
メールを開いただけで感染するタイプのウイルスは、HTMLメールで送られてきます。そのため感染する可能性があるHTML形式でメールを送るのは非常識と言えます。また、メールソフトの種類によってはHTML形式は参照できません。

相手の方に不快感を与えないためにも、通常はテキスト形式で送信するようにした方がよいと思われます。 テキスト形式で送信するには、[送信]タブの[メール送信の形式]を[テキスト形式]にしておきます。 ※初期値はHTML形式になっていますので、変更をしてください。
ウイルス付きの添付ファイルを開くと、感染してしまうことがありますので、心当たりのないファイルはむやみに開かないようご注意ください。 誤って開いてしまうことを避けるには、右図の通りに該当項目をチェックします。
LIVEメールのセキュリティ対策
ファイルタブ→オプション→セキュリティオプションの順にクリックしてください。
LIVEメールのセキュリティ対策
セキュリティタブの【ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない】にチェックを入れる。

Outlook

Outlookの迷惑メール対策
LIVEメールと同様に、HTML形式のメールをテキスト形式で表示する設定を行います。
●2007 / 2010
ツールセキュリティセンター電子メールのセキュリティ項目

●2013以降
ファイルタブオプションセキュリティセンターセキュリティーセンターの設定ボタン電子メールのセキュリティ→テキスト形式で表示
scroll_to_top1