国内最速レンタルサーバー会社、Bee開発プロジェクトチーム、Bee販売サポートスタッフ、Beeご加入お客様とのワークフローを明確にすることで、低コストで高品質、高技術なBee クラウドサービス(※1)が誕生しました。

※1)クラウドサービス とは
「クラウド」(雲)は、ネットワーク(インターネット)を表します。従来より「コンピュータシステムのイメージ図」ではネットワークを雲の図で表す場合が多く、それが由来といわれています。従来のコンピュータ利用は、ユーザー(企業、個人など)がコンピュータのハードウェア、ソフトウェア、データなどを、自分自身で保有・管理していたのに対して、クラウドコンピューティングでは「ユーザーはインターネットの向こう側からサービスを受け、サービス利用料金を払う」形になります。一般にはインターネット経由で必要な機能を利用する仕組みで、シングルシステム・マルチテナント方式になっているものを指します。ユーザー側としての利点は、「利用期間内のサービス料金だけで済むこと」 「ソフトウェアの導入・構築・管理などが不要(または最小限)になること」「常に最新のソフトウェア機能を使用できる」 などがあります。 また、サービス提供側としては、スケールメリットと自社要員が生かせる、各ユーザー固有の導入や保守のサポートが軽減(コストダウン)できる、などがあります。
bee_work
scroll_to_top1